ごほうび?甘やかし?

   

親教育プロセス☆は、毎月セミナー開催中。

お越し頂けた皆さん、

ご参加をありがとうございます(^-^)

『甘えさせると甘やかすの違い』と、

『ごほうびを与える』を、

今週のセミナーでお話させて頂いた後に出たご質問です。

Q.【甘やかすごほうびの違い。

どこまでがごほうびで甘やかしかを知りたい】

甘やかす場合も、

ごほうびの場合も、

どちらも何かを与える

というところでは一緒ですね。

違いは、はっきりしています。

甘やかす事とごほうびの違いは、

簡単に言うと、いつ与えるかです。

甘やかしで与える物を、スター・ペアレンティングでは

「ワイロ」と呼びます。

良い行動の後に、もらえるものがごほうび。

悪い行動の後に、もらえるものがワイロ。

例えば、

「スーパーで静かにベビーカーに座っていて欲しい。」

という親の願望がありました。

初めは静かだったけど、うるさくしだしたので、

慌てておやつを与え、

「これを食べててね」とすると、

子供は「うるさくすると、おやつをもらえる」

というルールを、学びます。

親の意図ではないルールを、

無意識に、学習していくのです。

そうではなく、静かにする事を覚えて欲しいなら、

ごほうびというツールが使えます。

「静かにいてくれたら、おやつをあげるよ」

そして、静かにいてくれたら、

約束どおりちゃんとおやつを与えます。

「静かにしててくれてありがとう。

約束のおやつだよ!やったね~!」

その子供にとって、

買い物の時間が長時間だと感じるようなら、

与えるのは途中でもいいです。

その場合は、そこまでを褒めます。

静かにできているから、

ごほうびのおやつを、半分だけ先に食べていいよ。

よく頑張ってくれたね。ありがとう。

残りはレジが終わってからね。」

うるさくしたら、得があるのか、

静かにしてたら得があるのか。

そこが、子供がルールを学ぶ分かれ道です。

もちろん子供は意識していません。無意識に学んでいくのです。

「いつ、おやつ(ごほうび)を与えるか」

そこを意識するだけで、

ルールを教える事はとても簡単になります。

もちろん、ごほうびは物でなくていいです。

なでなででも、抱っこしてグルングルンでも、

チューでも、コチョコチョでも。

あなたのお子さんの喜ぶ事、

笑顔になる事は、どんな事でしょう?(^-^)

 - セミナー開催☆

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。