そりゃ、怖いでしょう

   

ちょっと例えます。

 
あなたは、道を歩いています。

用心棒?に、2.5メートルの、大男を連れています。

 
すると、向こうから、

用心棒と同じような2.5メートルくらいの大男が、

しかも、イノシシみたいな獣を連れて話しかけてきました。
 
 

どうしますか?
 
「大丈夫。この獣は噛まないよ!!」

と言われて、

その大男と、用心棒の大男が話をしているのに、

楽しく加われますか? 

 
固まるか、用心棒の大男の影に隠れるか。

 
・・・逃げだすのすら、怖いです。

逃げたら、大男や獣が追いかけてくるかもしれない。

用心棒から、離れるなんてできない。

 

 
用心棒が言います。

「全然怖くないよ。」

「ほら、隠れてないで、大男に挨拶をしなさい。」

「獣だって、かわいいよ。」

 
 
この状況、わかりますよね?

 
そうです。

子供と散歩中のあなたは、

犬を連れた知り合いとすれ違いざまに、世間話をします。

 

子供に「挨拶は?」と言います。

優しいおばちゃんだし、

犬だって紐に繋がれてるし、

(あなたからしたら)全然怖くないのに。

子供は、隠れてしまって挨拶をしません。 

 

この話、大男が2.5メートル、あなたの身長を160cmとしました。
 
 
もし、お子さんの身長が100cmなら、

あなたが、2.5メートルの大男(大女)と

対峙しているのと同じ状態です。

でかっ!

しかも動きが早い。怖い。

挨拶の声なんて出せますか。

 
ちょっと突飛な例えかもしれませんが、  

そんな想像をしたら、

道行く人に挨拶できない子供の気持ちも、理解しやすい。

という例えでした。

子供が挨拶しないのは、

怖いからではないでしょうか。

 

  
怖がっている子には、「感情を認める」と、

落ち着きやすいです。

どうしてあげるか。

 
まずは抱っこだと思います。

抱っこしたげて、なるべく安全だと思える状態にしてから、

「ワンワン来て、怖いんやね」

「びっくりしたね」などと、

感情を言葉にして、認めてあげましょう。

  
1)安全だと思える状態にしてあげて、

2)感情を認めて、

少し落ち着いてから、

3)「ワンワン届かないよ。大丈夫やからね」

「優しいおばちゃんやで」などと

説明を加えてあげましょう。

4)そして、なるべく早く去ってあげましょう。

 
 
そうですね、慣れて欲しいなら、

その場でなく、去ってしまってから振り返って、

笑いにしてもいいかもしれません。

「ワンワン、お尻フリフリしながら歩いてるなぁ。

フリフリフリフリフリ~!

など。

うちは、ウケました。(ほんの一例です)

 
ちなみに現状は、

抱っこされながら、犬をにらみつけた後、

距離ができてから、

息子から

お尻、フリフリしてるなぁ~

と、言ってくる状況です。

慣れない「人」に対しては、

基本、にらみつけるだけです(笑)
  


そんな風に、キレイに育つ息子を、

私は、たまらなく大好きで、

誇らしく思いますドキドキ

 - 思い込んでいませんか?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。