子供ななぜ言ったことをしてくれないの?3

   

「子供はなぜ言った事をしてくれないの?」

~5つのポイント「良い行動を見つける」

で解決バージョン その3まとめ~

忘れがちですが、そもそも、

子供の発達は、行ったりきたり。

昨日できたものが今日できるとは限りません。

ほんのさっきわかっていても、

次の瞬間忘れている事もあります。

しかも、子供は親の奴隷ではないので、

親の言う事を必ず聞く必要もありません。

子供も人権のある、一人の人格なのです。

じゃあ、どうすれば良いか。

「言う事を聞きなさい」と、怒鳴るより前に、

大人には、できる事があります。

それは、

子供の代わりに見通しを立てて、

先に楽しみ(ご褒美)を見つけて

教えてあげる事。


子供に「それ、したい!」と

思ってもらえば良いのです。

お風呂に入って欲しいなら

「お風呂で、象さんと遊ぼう!」

「今日は誰の頭にする?」

(シャンプーの時、泡を利用して、ライオンさんの頭を作ってあげる)

「今日の寝巻きはアンパ○マンやで~(着たいやろ~)」など

●ご褒美といっても、何も、物をあげる必要はないのです。

(もちろん、物をあげてもかまいません。)

普通にする事、例えば、

ご飯の時間、湯船での遊び、

お着替えの後の外遊びが楽しみなら、

それも十分ご褒美になります。

子供さんの、ご機嫌ポイントは、何でしょう?

手を変え、品を変え、

いろいろ試すと、

意外なところで、反応して面白いです。

●「お風呂でいつも象さんと遊んでるやん」

と、大人は考えても、

そんな簡単な事も、子供は見通せなかったりします。

今の目の前の物に夢中だったり、

わかっても、またすぐに忘れたり。

何度でも思い出させてあげましょう。

「忘れてた!」と喜ぶ子供の顔もまた、かわいいです。ラブラブ

先(ご褒美となるもの)を見通して、

教えてあげれば、

子供は今する行動の必要性を知る事ができます。

動きたくなります。

言った事をしてもらいたいなら、

「義務」ではなく、

「その事をする楽しみ(必要性)」を

伝えてあげましょう。

大人も、少し頭を使いますが、

「言うことを聞いてくれない~(ノД`)」と、

精神的に疲れるより、ずっと楽です。

この方法は、うちでも、大活躍です。

ヒットした時は、嬉しいですよ!(-^〇^-)

親も子も、楽しい事(未来)に気づく練習にもなりますね☆

 - ブログ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。