セミナー開催しました。

   

3月の勉強会のテーマは

「感情を認める」でした。

 

感情を認める。

簡単なようで、なかなか難しい。

痛がる子に

「そんなの痛くないやろ~?」

嫌がる子に

「嫌じゃない!」

怖がる子に

「全然、怖くないよ~!」

何の気なしに、言いがちです。

それは

都合の悪い感情は認めない」と、

知らず知らずに、

世間から学んでしまっているから。

(観察学習)

子供の感情を認めるコツは、

1)まずは、ひと呼吸おく。

2)自分自身が、今の状況に困っていることを、

  自分で認めてあげる。

”2)自分自身が、今の状況に困っている”とは、

例えば、急いでいる時に、こけて泣かれたら、

「今はやめて~」と思うかもしれません。

「そんなん痛くないし、いいから行くよ!」

と言いたくなるかもしれません。

”今はとりあえず、急いで行きたいのに、

子供に足止めをくらっている状況”

は、”自分が困っている状況”です。

その自分自身の感情を認め、

自分で意識することで、少し落ち着けます。

「あぁ、私は今困っているんだな。

急いでいるのに、困っちゃうよね。」
 

 
実は、

イライラの一番の原因は、

「自分の感情を認めてあげてないから」かもしれません。

「こんな事でイライラしたらあかん」

「こんな事でイライラする自分は、ダメな親だ」

などと責めて、余計イライラしてしまいます。

 
「自分はイライラしちゃったな。

些細な事でもイライラしちゃう時あるよね、

焦りすぎてたかな」

と、まず、自分の感情を認めてあげましょう

そうする事で、まずは自分が落ち着けます。

子供への対応は、それから。

 
 
私達は「我慢が美徳である」、

「マイナスの感情は、押し殺せ」

と、洗脳されてきました。

自分の感情を認められなければ、

自分の分身のような)我が子の感情を

認めるのも、難しいことでしょう。

 
まずは、

自分の感情を認める練習から、

はじめてあげましょう(^ー^)

自分も、子供も、楽になってきます。

 - セミナー開催☆

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。