素敵ママは、子供を泣かせてあげる

   

『素敵ママは、子供を泣かせてあげる』

3月は、「感情を認めよう月間」でした。

(勉強会のテーマ)

簡単に復習すると、

「感情を認める」とは、相手の感情を否定しない事。

感情を認めている事を、言葉にして伝えてあげる事です。


たとえ、

自分にとって不利(と感じてしまうよう)な感情であっても。

例えば、

すごく急いでいるのに、

子供がふざけていて、こけたとします。

泣き出します。

ふざけて時間かかってる上に、

こけて泣き出すなんて、大人からすると、

”泣きっ面に蜂”です。

そこで、泣いている子供に向かって、

「そんなん痛くない!」と言うのは、

感情を否定する事になります。

側に寄って「こけちゃったね、痛いね~」と

ヨシヨシしてあげる事が、

感情を認めてやる事です。

「人参、イヤ~」と言われたら、

「人参イヤなんやね」

風船が飛んでいって、泣いてる子に

「あ~あ、ちゃんと持っとかんからやで~」

ではなく、

「風船が飛んでいっちゃって、悲しいね」

”感情と行動は別”ですし、

その後の言葉かけもしますが、

まずは何より、感情を認めてあげる事が先決です。


それから、次に移ります。

勉強会で、リピーターの方にご相談を頂きました。

「自分はここで習ったように、

まずは、子供の感情を認めてあげるようになった。

子供が本当に早く泣き止むようになった。

だけど、

じじばば世代やパパ等に、

”そんな事してないでさっさと言う事きかせなさい”

と言われる。」

というものです。

それは、悲しいかな、しょうがない事だと思います。

なぜなら、

私達がそうだったように、

私達より上世代も、

心理学(人間の心の仕組み)など勉強せずに、

子育てしてきたからです。

大人曰く、「それで何とかなってきた。」

確かに、

「そんなん痛くない!」と言われると、

子供は泣き止む事もあるかもしれません。

それは、混乱しているからです。

”え?痛いと思うこの感情は、本当は痛くないの?”

しばらくは、

それでごまかされるかもしれませんが、

自分の感情を否定されてばかりいると、

自分に自信を持てなくなります。

自分の持った感情は、

認められないもの、良くないものだと

自分を責めたり、

人前で自分の意見を言えなくなったり

するかもしれません。

”自分はダメな人間だ”と感じたり、

”どうせ勉強しても”と、

勉強などに意欲をもてなくなるかもしれません。


以前は、

その場しのぎの子育て方法(子抑圧方法)が

横行していました。

今は違います。

子育てにも心理学・脳科学などを踏まえ、

「子供の将来のためにはどう接したらいいのか」

というものが、立証されています。

___続く___

 - ブログ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。