褒める子育てと、親を喜ばせるための人生

   

3月の勉強会で、こんな質問を頂きました。

「子供に『親を喜ばせるための人生』を送ってほしくない。

どうしたらいいですか?」
 

こんな不安を抱いた事のある方も、多いかもしれませんね。

「これさえすれば」といったものは、ないかもしれません。

ここでは、スター・ペアレンティングの考え方から

お話させて頂きます。

 
「親を喜ばす為の人生を送って欲しくない」なら、

日々どう関わればいいか

 

親の思うように行動しなくても、

子供の存在を認めてあげる。
 
 

具体的には、

「何ができてもできなくても、

何をしても、しなくても、

ママ(パパ)は、○○ちゃんが大事だよ」

表現できているか。伝えられているか。
 

親の言う事を聞いた時や、

いい成績を取った時だけ、

すごく褒めて大事にしてもらえる。

逆の時は、

ボロクソに言われる、

叩かれる、

ご飯をもらえない、

無視される等、ひどい扱いをされる。

 
親の態度が極端だと、

子供は、親の喜ぶようにしか行動できません。
 

そして、親の反応が、

その子の判断する基準になります。

自分がしたい事より、

親に認められる事を選ぶ。

そうすると、安全だから。


 
LOVE
&LIMITS ・・・

スター・ペアレンティングの考え方です。愛と限度。

LOVEは、

「条件付きの愛」と「無条件の愛」に分かれます。

条件付きの愛とは、行動に対して認める事

       ○○できたねと、褒めるなど

無条件の愛とは、存在そのものを認める事

      
子育てには、どちらも必要です。

「条件付きの愛」だけでなく、「無条件の愛」

大人は、

「こんなに思っているから伝わっているだろう」

と考えるかもしれません。

ですが、

子供がまだ基本的信頼感を感じきれてない段階では、

わかりやすさが必要です。

 
具体的には、

何かできた時だけでなく、

ただそこに生きていてくれる事への気持ち も、

日々、伝えましょう。
 


態度で表現するなら、

撫でる、

こしょばす、

微笑みかける、

一緒に遊ぶなど
 

言葉で表現するなら

「生まれてきてくれて、ありがとう」

「おはよぉ~今日も大好きやで~」

「ほんまに○○ちゃんは、か~わいいなぁ~」

「さすが○○ちゃんやな~」

隙さえあれば、言ってやりましょう。
  

 
逆に、

認めていない事を伝える(そのつもりはなくても)は、

こんな事です。

ダメ出しする、

文句・小言をいう、

「どうせ、お前にはできない」と言って経験させない、

怒鳴ったり叩く、

無視する、

人前で謙遜のつもりで「うちの子なんか全然ダメで…」と

、子供の前で言ってしまう、

冗談のつもりで「バカ」と言う。
 

認められない行動を子供が取った時も、

「バカ」「のろま」「悪い子」「ダメなやつ」など、

人格から否定するような事は言わないようにしましょう。

「あなたのその『行動』は良くない。」と、行動だけ否定します。

そして、

「やめてくれて、ありがとう」も、セットで伝えてあげましょう。
 
 

 
冒頭のような心配を持ってしまうくらい、

親は子供への愛情がたっぷりです。

そして、小さい子供に、愛情を伝えるには、

わかりやすさ』が必要です。

 
「親に認めてもらえている」と、

子供がもし感じられなければ

「自分は親に認めてもらえていると感じるまで」

無意識にそれを求め続けてしまいます。

子供は、親に認められたいからです。

「自分は親に認めてもらえている」と思えれば、

その思いから開放されます
 


 
「子供に、子供の人生を歩ませてやりたい」なら、

親は子供に伝わるように

愛情を示し続けましょう。

 
明日の第一声は、

「おはよう、今日も大好きやで~」で、

ギュー!の、

チューチュチュチュー!!

 - 育て方

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。