パパに思うこと②

   

世の中から、残念な夫をなくしたいヽ(´▽`)/

前回は、

『夫婦で育児をしたいママ集まれ!~パパを育児に巻き込む方法~』

のレジュメから、一部を抜粋しました。

先生の「男性は、察することができない」という、

衝撃の言葉もありましたね。

パパは察することができません。

そんな(?)パパを、育児に巻き込むにはどうすればいいのか?

ズバリ、伝わるように話すこと、です。

状況:お湯を沸かしている。

   子どもがおしっこをした。

   オムツを変えなくてはいけない!

   もう少しでお湯が沸きそう!

こんな状況では、たとえば、こんな風に話すように

と、先生はおっしゃっていました。

「ねえ、あなた(○○さん)。

今、この子のオムツを変えていて、

手が離せないから、

もしお湯が沸いたら、

コンロの火、止めておいてくれる?」

「え?全部、言わんでもわかるやろ?」って思うでしょう?

でも、先生はまた、衝撃的な一言を続けます。

「ただ『コンロの火、止めておいて』だと、

沸いてなくても止める可能性があります。」

え~っ!!!(゚д゚lll)

でも、夫に聞いたところ、

本当にそうする可能性があるらしいです・・・。

夫に伝わりやすい伝え方のコツを学べば、

あなたも上手に伝えられるようになります!
 

言葉一つで助けてくれるようになるなら、

やってみる価値があると思いませんか?

 - ブログ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。