ダメな子ではなく、ダメなのは○○

以前、ママさんにご相談を頂きました。



「お兄ちゃんが弟を叩いた時、

弟をなぐさめるために、

”お兄ちゃんダメだね”と、

弟に声をかけている。
・・


でも、あまりよくない気がする・・・」


とても意識の高いママさんですアップ



そして、話しているうちに、気づかれました。


「・・・”お兄ちゃんの人格ごと否定してはいけない

んですよね・・・」



そうなんです。



子供が悪い行動をした時に、

否定するのは、

その子ではなく、その行動
です。





先の例なら、

”お兄ちゃんダメだね”

よりも、

叩くのはダメだね”

と、声をかけてあげればいいです。



そして、否定文を肯定文に直して、

「嫌な時は”嫌”って言ってくれたらいいね」



そうすれば、弟くんは、

「叩くことは、ダメなことだ」

「嫌な時は、叩くのではなく、言葉で伝えればいいんだ」

と学ぶことができます。




お兄ちゃんの人格も守れますね。

82250cba41cc261415c5d44eb085f970_m


もちろん、お兄ちゃんにも、優しく教えてあげましょう。


それがわかっててもできないなら、

”心の落ち着け方”を、教えてあげましょう。



行動には、して良い行動悪い行動があります。

でも、子供には、良い子も悪い子もありません。

みんな素晴らしい存在です。



どんな子でも、良い行動もすれば、

悪い行動をしてしまうこともあります。



だからといって、その悪い行動をした子を、

”悪い子”だと決め付ける必要はありません。


むしろ、”決めつけ”はリスクだらけです。



なぜなら、”悪い子”と言われるほど、

その子は、本当に悪い子になってしまうからです。




それは、親の声を信じてしまうから。

さらに、

親の態度も、決め付けにより左右されます。


そして、決め付けられていると、それにそった人間になっていきます。



(これは大人でもそうです。心理学でラベリングと言います。)




どうせ、決め付けるなら、いいところを見つけて

”優しい子””賢い子”などと決め付けてあげましょう。



どんどん優しい賢い子になっていきます(^-^)

本当ですよ!(科学的に証明されている)



●まとめ●


悪い行動をしたら、

子供ごと、否定しない。

否定するのは、その行動。

変わりにどうすればいいかを、教えてあげることもすごく大切です。



メールセミナーを配信しています。

【ママのための、子育て心理学!】

まずは10回。

1日おきに送信されます。

以降は、ほぼ週1~2回配信しています。


登録は、無料&かんたんです。



無料子育てメール登録

※無料子育てメールを登録頂いている方に、

【心の落ち着け方】を送付していますラブラブ!


※当団体(非営利団体 親教育プロセス☆)は、文部科学省認定 家庭教育支援チームです)

投稿者: oyapro

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です