ラベリング 今日のワクワク子育て用語

   

今日のワクワク子育て用語
【ラベリング】

ワインやビールの瓶に、貼ってあるものをラベルと呼ぶなら、想像しやすいでしょうか。

ラベリングは、心理学用語です。
意味は、名前をつけること。
ほんの一部を見て、「この人間はそういう人である」と、
決めつける事。

もっと日常用語で言うなら「レッテルを貼る」

このラベリング。
子育てでも、使われる事があります。

子供が甘えた時
「甘えん坊さんやなー」

泣いた時
「ほんま泣き虫やねんから」

悪い(と、その大人が思う)事をした時
「悪い子」

「いじわる」



「食べ過ぎ王子」

「いじけ姫」

敬称(王子や姫)を付けると、可愛いと感じるかもしれません。

しかし、どれも、ラベリングです
これらのラベリングは、判断基準を間違えています

なぜなら、過去何回かそれが続いただけで、
勝手に決めつけているからです。

(3回だろうと、100回だろうと)

「この先どうなるか、わからないのに」です。

そもそも、ラベリングした時点、された時点から、意識は変わってしまいます。
無意識のうちに、ラベリングされたものに周りも本人も、誘導されてしまうのです。

過去を判断基準としたラベリングは、やめましょう。


子供は、どんどん成長します。
過去で判断せず、未来を期待してやりましょう。

そんな事を知らずに、モデリング(世間で言っているのを無意識にマネ)して、
ただ使ってしまっていた という事に気づいた方、

悔やむ必要はありません。
やめればいいだけです。

過去は終わりました。
戻って修正できません。
悔やんでも意味ありません。

大切なのは、今・これから、どうしていくか。

今この瞬間から、
より良いと思う物を、選択していけばいいだけです。

子はどんどん成長します。
親だけでも、
その子を1つの枠に、はめこまないようにしてあげましょう。


我が子の無限の可能性を、喜んであげましょう。

あなた自身も、これから変わっていく存在です。
過去を、悔やむのは、もうおしまい。

今この瞬間から、
より良い物がわかった瞬間から、
未来にどうありたいかだけを見て、今、選択するものを変えていきましょう。

心がどんどん楽になりますよ。

 - ブログ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。