自分を責めなくて大丈夫。真に受けなくて大丈夫。

   

親というものは、自責の念に、かられてしまいがちです。

 
それは、子育てに対する責任感ゆえです。
自分の子供の成長段階で、何かあると、
すぐ自分のせいにしてしまいがちな人が多いように、感じます。

 

怪我をした →私がきちんと見てなかったからだ。
風邪をひいた →昨日、お風呂あがり裸で逃げ回るのを、諭せなかったせいだ。
子供が感情を表現するのが苦手だ →自分の育て方が間違っていたのかもしれない。
など。
 

 
「怪我をさせてしまった時、”親なんだから、ちゃんと見ておかないと”と言われた。
それを未だに思い出す」というお声を頂いた事があります。

 
その傷なんて、とっくの昔(ほんの数日)に完治しているにも関わらずです。
その方の、親としての責任感を強く感じました。
そして憤りも。

 
親といえど、子供の事を24時間みておくことなどできません。
しかも子育ては、一日限りではありません。
ずーっとなんて、無理な話です。
家事だって、自分の事だってあります。
全てを犠牲にして子育てに集中していたら、日々が成り立ちません。

 
そんな無責任な言葉は、無視しましょう。
わかる人は、そんな事を絶対、言いません。

 

わかってない人がそんな無責任な発言をします。
わかっていない人の話なんて、受け止める必要はありません。
 


「自分の勝手な理想を、人に押し付ける人もいるんだな~」と、
手についた汚れと一緒に、
ザザーっと流して、
タオルで拭いて、
ハンドクリームを塗りましょう。
 

 
「生きてるんだから、怪我もするし、風邪もひく。
人間なんだから、生まれ持っての気質(性格)もある。
 

大丈夫。私は子供の事を何より大事に思っている。
今日も一日、よく頑張った。
 

そうだ今日一日の自分へのご褒美は、何にしよう。

(明日の朝食は、フレンチトーストにしようかな。
それとも、長めに寝ようかな。
子供を預けてマッサージに行こうかな。
読みたい本の続きも読もう。
帰ったら、子供の大好きなシャボン玉遊びでいっぱい関わってあげよう。
思いっきり笑わせてあげよう。
夫には、チューしてあげよう。(きっと喜んでくれる)」
そんな妄想をしながら、「今日も一日ありがとう。」と、
自分の体にも、お礼を言って、おやすみなさい。

明日も、どんな楽しい一日にしましょうか(^^)

 - 自信

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。