感情と行動は、別

   

イライラしてしまう自分に自己嫌悪してしまう方。
ご存知ですか?
 
感情と、行動は別』~親の為の感情基礎知識~

イライラする事は、悪い事ではありません。
その時、どうするかです。
 

以前お話しましたが、  
感情は生理反応です。
 
生理反応に、良いも悪いありません。
 
(例)
汗をかく、ふるえる・・・体温調整の為にしていることです。
良い悪いではなく、体にとって必要があるからしている。
体温調整(恒常性維持)の為の働きです。

 
 
怒り同様、イライラという感情は
「この状況はNO!だ」と教えてくれています。

 
なので、イライラを感じた自分は、悪くありません。
ただの体からのサインです。

 
 
じゃあ、何が問題か。
 
 
その感情を感じたあとの「行動」です。
 
同じ状況でも、いろいろな行動パターンがあります。
 
 
例えば、
●他人に言われた言葉にカチンときた!

 

1)手に持ってたカバンを投げつける。
 
2)不服そうな顔や態度で示す。
 
3)無言。
 
4)「そう言われると、つらくなります。」と伝える。
 
などなど

 
 
1)~4)のどれが悪い行動でしょう。
 
もちろん、他にも選択肢はたくさんあります。

 
行動に良い、悪いはあります
 
 
心理学でいえば、
どんな時でも、人に教える時に暴力は必要ありません。
むしろ害です。
(脅しも同様です。)
 
 
感情に、良い悪いはありません。
 
良い悪いがあるのは、行動です。
 
 
イライラした自分=悪い親では、ありません。
 
 
ただ、イライラするのは疲れますよねガーン
建設的な考えも浮かびにくいです。
 
 
早く落ち着く方法や
必要以上にイライラしにくい考え方を
学び、実践していきましょう。
 

感情って、やっかいですよね。

もちろん、大切にしたい感情もあります。

でも、感情に振り回されたせいで、

遠回りしたり、チャンスをなくしてしまったり…

 
感情について、私達は学校でも家庭でも
 
学ばずに育ってきました。

だけど、自分が習得する事で、

我が子には、子供の頃から

感情について教えてあげる事ができます!

意地になって、あとから後悔とか、

行動できないとか、

そんなのもったいないですよね。

これこそ、学校で学んでいたかったなと思います。
 

学校では教えてくれない事、

家庭で教えてあげましょう。

その為にも、

まずは、自分の行動を振り返りましょう。

いい行動と思ったら、「さすが私!」

悪い行動だなと思ったら、

「私らしくなかったな、

次は、どうしたらいいかな?」
 
 

反省(なんでできなかったんだろう)は、

必要ありません。

必要なのは、未来にどうしたらいいかの対策を考える事ですニコニコ

随時、ご相談受付中です(^^) お気軽にメッセージからどうぞ☆

 - 親の為の感情基礎知識

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。