ルールを学んで欲しいなら

   

★ルールを学んで欲しいなら★

「子供に、何度言っても、強く怒ってもわかってくれない!」

と、悩んでいませんか。

ルールは、脅して従わせるものではありません。

説明して、相手が理解し判断し、協力してもらうものです。

ですが、

言葉のまだ理解しきれない小さい子に、

言葉の説明で理解してもらおうとすると

親子ともに疲れ果ててしまいます。

物事の仕組みをまだ知らな過ぎる子供たちには、

どれだけ言葉を選んで説明しても、理解に限界もあるからです。

現実は、

子育てのならわし?もあり、

脅す方法や罰が取られがちです。

嫌なもの(罰)があれば、動物は直前の行動を減らしますが、

恐怖でしつけていると、

子供は、自己肯定感を下げます。

(ルールに限らず、物事への意欲が低下していきます。)

ルールを学んで欲しいなら、ごほうびも、使えます。

言葉にプラスして、行動も加えましょう。

「この行動はOK」(いいことがある)と、

子供にわかる形で学んでもらいましょう。

ほうび(報酬)をもらえば、

人はその直前の行動を増やします。

これは心理学で「強化」というものです。

ごほうび=物 だけではありません。

物でつる事に抵抗があるなら、

物でなくていいんです。

ほめてあげたり、抱きしめてあげたり、

子供に愛情表現してあげましょう。

それこそ、立派な素晴らしいごほうびです。

ただし

ごほうびを与えるタイミングは、重要です。

タイミングは ★ルールを学んで欲しいなら★(2) で。

 - 思い込んでいませんか?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。