真面目ですけど何か!?

   

逆ギレです。

「真面目ですね」と言われた時、逆ギレしたくなるくらい、嫌な気持ちになる事ありませんか?

 

 

どこぞの県民ショーに出てきそうなネタかもしれませんが、

関西圏(少なくとも大阪辺り)では、

「真面目ですね」は、

「面白い人」の反対語になります。

 

「あなたは、つまらない」「あなたの言動にひく」などの意味になります。

知らんけど。(←断言したあとに、「知らんけど」と付けるのも大阪人とか。)

 

本当にすごいと思って「真面目」と言う場合もあるでしょうが、

そうかどうかは、言語でなく、伝わります。

 

そんな「真面目ですね」を、もう聞きたくないなら、

真面目じゃない、脳の回路を学んでみましょう。

 

「真面目ですね」というつまらないコメントに、「あなたほどでは」と、答えられるようになります。

(そう答える答えないは、自己責任で!)

 

そういう言葉に、いちいちイライラしたり、自分を責めたり、無駄な時間を使いたくないなら、

もっと自由にのびのび過ごしたいなら、

脳の仕組みを学び、自由な発想を手に入れましょう。

 - 未分類

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。