ルールは縛るためにあるの?

   

ルールの何を教える?

 

連続セミナー第4回は

『ルールの作り方・教え方』でした。

 

 

ルールは何のためにあるのでしょう。

 

 

セミナーを受けられた方は復習になりますね。

 

ルールとは本来

お互いの安全を守るため

お互い心地よく過ごすためにあります。

 

 

 

信号(道路交通法)というルールがなければ

小さい子を連れて

車の行き交う大通りを渡るのは

心配ですよね。

 

 

信号(ルール)があるから、

渡る順番がくる安心感を持て、

青で安心して渡れます。

(安全確認は必要ですが)

 

 

ルールはお互い心地よく過ごすためにあります。

 

だから、

子供にルールを教える事も

必要になってくるのです。

 

 

 

ルールにしちゃえば言う事聞いて簡単だから

ではなく、

 

お互いが心地よく(安全に)過ごせるように

ルールを教えるんです。

 

 

子供にルールを教えるなら、

「この時は、こうする」

というルールの表面でなく、

 

ルールとは、何のためにあるものなのか

 

を伝える事が、

子育てする上で(教育する上で)

一番伝えるべき部分ではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 - 思い込んでいませんか?, 育て方

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。