褒めるためのレッスン

   

子供を褒めるためのレッスン

それは、自分を褒めること。

 

自分を褒めていますか?

 

自分を褒めるメリットの1つに

子供を褒める視点が増える

という物があります。

 

 

すぐに思い当たらなければ、

子供さんが

赤ちゃんの頃だった時の自分と比べ

今の自分の成長した部分を考えてみましょう。

 

 

・赤ちゃんが泣いても焦らなくなった。

(自分を責めなくなった)

 

・パパに当たっていたのが

相談やお願いもできるようになってきた。

 

 

・赤ちゃんの頃と比べて

解決策が出せるようになってきた。

 

 

完璧でなくていいんです。

 

 

目標に向かっている”兆し”を見つけて

そこを褒める事が、

褒める子育て上達のコツです(^^)

 

 

 

※いつも自分を褒めている方は

パパや、実母など

普段あまり褒めない相手を

いつもより褒めてみましょう。

 

 

例えば、

「洗濯物、なんで重ねて干すかなぁ。」

と腹がたったら、

(腹をたてる自分を認めつつ←押し殺さなくていい)

 

→褒めるテクニック

を、実行してみる。

 

 

普通に

「(こんな雑になるくらい)疲れてるのに

洗濯物してくれてありがとう」

 

でもいいですし、

 

→”赤ちゃんの時と比べる”

のテクニックなら、

 

「パパも赤ちゃんの時は、

もう洗濯物を手に持っただけで

かわいかったんやろうなぁ。

 

それが、

こんな事までできるようになって・・・」

 

 

とパパの見えない歴史を感じられたり。

 

 

そうすれば、

「干してくれて、ありがとう」

 

や、

「よく干せたね~」

という言葉も出てくるのでは(笑)

 

 

 

そうなると、また視点が増え、

自分や子供を褒める言葉が増えますね♪

 

(毎日してる自分って、もっとすごいやん!)

 

(◯◯ちゃんも、洗濯物倒さなくなったなぁ。

あの頃は、ほんま参ったわ~

今はママが困るって、わかるんやな。

さすが大きくなったんやなぁ~。等)

 

 

褒める相手を変える事で

今までの対象もさらに褒められるようになる

相乗効果♪

 

 

 

 

●子供さんを褒めたいですか?●

 

自分を褒められる人(認められる人)ほど

子供や他人を認める事ができます。

 

・視点の多さ(高い)

・自己肯定感の高さ

 

 

(我慢している人は、

無意識に人にも我慢を求めます)

 

 

子供や家族に心地よく過ごしてもらうためにも

ひとつの”仕事として”(メンテナンスの一環として)

自分を褒めたり、ご褒美しましょう(^O^)/

 - 育て方

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。