将来の可能性を狭めないために

●坊主頭と言葉がけとセルフイメージ●


先月、

初めて坊主頭になった息子。


めちゃくちゃかわいい頭なのに

幼稚園で

「おじいちゃん」や

「ハゲぼうずちゃん」

呼ばわりされ、

元気をなくしました。


セルフイメージを下げた子供に

親がどう関わればいいか

前々回くらいに

お伝えしましたよね。

以前の記事「自尊心の守り方」

自尊心の守り方(坊主事件)


今回は、

その事件の、後日談です。

先日、

寝る前の時間に

息子が言いました。

「マ~マ」

↑寝る前の甘えモード(笑)

「みんなが、

かっこいい

って言ってくれる

頭(髪型)にしてくれて

ありがと♥」

すごく嬉しかったです。

嫌な事言われて

元気をなくしたりもしたけれど、

意識に上がる言葉が変わったんだな

と思え、

ホッとしました。

同時に、

「言葉がけして良かった」

と強く思いました。

(ちょっと涙が出そうになりました)

事件?を聞いた夜、

悲しい感情を認め、

そんな事言われる人間(髪型)ではない

と、話しました。

じいじも、ばあばも、

ま~ちゃんも、あ~ちゃんも、

みんなみんな

「かっこいい」とか

「かわいい」って、言ってくれるやろ?

かんちゃんの頭は

めっっちゃかっこいいんやで!!!

と、裏付けのある説明をしました。


翌日以降も、

何度も

「やっぱ、かっこいいわぁ」

「本当、かわいい頭やなぁ」

「ほら、また

かわいいって言われたね」

と、話しかけました。


(本当に、かわいいんです!)

その言葉のシャワー攻撃?で

息子は

「そうか。

やっぱりこれは

かっこいい髪型なのか。

あの子達

(からかった子達)は、

間違えてたんやな。

かんちゃん(自分)の頭は

かっこいいんや!!!」

と、

なったのでしょう。

だから、

自信を取り戻す事ができた。

 

 

・・・

上記の息子の思考は

あくまで私の推測ですが、

少し伸びるたびに、

「ママ!

髪の毛、伸びてきたから

また切りたい!」

と、急かしてきます。

その様子に、

息子が自分の髪型(自分)への

自信を取り戻した

むしろ

より自信を持ったという事が

うかがえます。

笑顔女の子

●将来の可能性を狭めない方法●

親の言葉がけで

子供のセルフイメージは

上げる事も、下げる事もできます。

ほんの一部の人に

非難された時、

非難を避けるために

自分の気に入っている

髪型を

無難なものに変える事もできます。

しかし、それでいいでしょうか。

何か人から非難される度に

自分のしたい事を我慢していたり、

それをセルフイメージにしていたら、

どんどん八方塞がりになり、

将来

本当にしたい事(夢)

見えなくなってしまう

(できなくなってしまう)

可能性が大きいです。

(あなたは、夢はありますか?)

夢がない子が多いと言いますが、

夢がない(見えていない)子は

 

・・

したい事を非難された時、

自分の道を変えてきた子です。

(もしかしたら、

親などの提案が

あったのかもしれません)

(もちろん、親に限りません。)

「プロ野球選手になりたい!」

「漫画家になりたい!」

お前には、無理だ。

世間はそんなに甘くないんだから」

セルフイメージを下げられる事で、

(非難される事を避けるために)

目標を下げたり、

自分のしたい事を我慢しているうちに

我慢する事に慣れ、

自分のしたい事

見えなくなってしまう・・・

変えるのは、

自分の好きな事

(したい事)ではなく、

意見をきく相手です。

(取り入れる意見)

意見をきくベストの相手は、

自分の意見(感覚)です。

自分の人生なのだから。

他人ではなく、

自分の意見(感覚)(好き!)を信じるために、

自分の好き!を認められる経験を

たくさんさせてあげましょう。

 

 

今回は髪型の話でしたが

見た目だけでなく、

ダンスでも、ピアノでも、

将来の夢でも、

可能性でも、

 

 

親の言葉がけ

(信じる人の言葉がけ)次第で

子供の可能性を

潰したり、

伸ばしてあげる

(引き出してあげる)事ができます。

 

 

親が子供の可能性を

低く決めつけなければ、

年長さんになる前に

ひっさん(足し算・引き算)を

覚える事もできます。

5歳でも、電卓で計算できます。

 

先日、

初めてのプール体験で

いきなり、浮き輪で泳ぎ回る

(おそらく)年長さんも見ました。

(すごいセルフイメージ!)

子供の興味次第で、

英語でも、歌でも、

もっと別のすんごい事ができちゃう

お子さんもいるでしょう。

それらも、

親や周りが止めていたり、

セルフイメージが低ければ

できません。

 

●親の影響力●

小さい頃から子供の一番近くにいる

という存在は

子供に大きな影響を

与える事ができます。

(”先生”なども

影響力は大きいですが

親はそれ以上です。

特に小さい頃は)

それが、

良い影響になるか

悪い影響になるか

親の言葉がけ

(決めつけ)

次第です。

世間では

”悪意なし”に

子供のセルフイメージを下げさせる

言葉がけをする人がいます。

溢れています。

悪意はなくても、です。

なぜなら

それが、今の日本の

子育て常套句であり、

子育て文化だから。

 

その言葉から

子供(のセルフイメージ)を守るために

親ができる事・・・

普段の親の言葉がけで

子供のセルフイメージ

作って、

補強して、

高めてあげましょう。

※指摘(=罰)はいりません。

 

罰は、

セルフイメージを下げ、

将来のやる気を奪います。

(良い事なし!)

 

「君にはできない」と

勝手に決めつけ、

機会を与えない

(可能性を狭める)のは

本当にもったいない事です。

親だけでも

セルフイメージを守る

味方でいてあげましょう。

(”親だけでも”といっても、

親の影響力は大きいです)

セルフイメージを高め

将来の可能性を広げる”考え方”を

親の言葉のシャワーで

浸透させてあげましょう。

自信.png.crdownload


歯磨きしてもらいつつ~

賢い子になる。


お風呂に入ってもらいつつ~

優しい子になる。


目の前のトラブルに

お疲れな日々から開放されたいなら。


目の前のトラブルを解決しながら、


賢い子に育てる

優しい子に育てる

将来の可能性を広げる

そんな方法あります。

心理学を使えば

怒鳴ったり脅したりしなくても、

歯磨きしてもらえたり、

お風呂に入ってもらえたり、

すすんで動いてもらえます。

親子がお互い

心地よく過ごせるための心理学。

子育ての日々を変えましょう♪

セミナー詳細↓

★8月のセミナー情報★

 

投稿者: oyapro

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です