自尊心の守り方(坊主事件)

●自尊心をどう守るか●

社会では

子供の自尊心が傷つけられる事を

完全に防ぐ事はできません。
いじめ

子供が何か言われた時、

された時、

どうフォローし、守ってあげるか

が大事です。

親は、

子供の味方で

いてあげたいですね。

●子供の発達段階●


周知の事実ですが、
どの子供も

見聞きした言葉を使うようになります。


心理学でいう 観察学習です。


言葉の善悪関係なく

学んでいきます。

そして

およそ5~6歳をピークに

良くない言葉も使います。

うん〇、おちんち〇

バカ 死ね

などなど。


覚えてきてしまいます。

良くない言葉を使うのは、

”その子が悪い子だから”

ではなく、

まだ

その言葉の意味を

(大人ほど)

理解していないからです。

(どれだけ傷つけるかを

理解していない)

 

・・


●自尊心が傷つく言葉●

少し前に髪を切って

初めて

坊主ちゃんになった5歳の息子。

親バカに留まらず

各所で大好評ですが

幼稚園で

一部のお友達に言われたそうです。

「おじいちゃん」

(おじいちゃんみたい)

「おばあちゃん」

↑おじいちゃんとセット??

「はげ坊主ちゃん」

(息子談)

「はげ」

と言う言葉は、

小さい子供でも嫌みたいですね。

 

たとえ・

例え

言ってる側は冗談だとしても

何回も言われると

やはり嫌になってきますよね。

(妊娠中に

おでぶちゃんと言われて

傷つくなど)

良くない言葉を使う子供も

(大人も)

そういった言葉が

相手の

将来の可能性を狭める

などと

思いもよらない事でしょう。

子供が傷ついた時

親がしてあげたい事は、

相手の子や親や

園に怒鳴り込みに行く事ではなく


まず

子供の味方でいてあげる

事です。

共感

●自尊心を守るフォロー●

子供が嫌がる事

元気がなくなるような事を

言われた(された)なら

「そうやな、

そんな事言われたら嫌やな。」

と、

子供の感情を認めて

言葉にして

あげましょう。

一緒に悲しんだり

怒ったり、

してあげましょう。

 

・・

そうする事で子供は、

1)この感情は感じていいんだ

思えます。

自分(の感情)に自信を持てます。

そして、

2)「自分は

けなされるような人間ではない

これは、ハゲではない

(かっこいい坊主頭だ)」


自分は価値ある人間だ


と、

自信を取り戻せます。


自尊心を

守ってやれます。

その後、

先生に相談する・しない

に関わらず、

まずは
子供を認めてあげる事です。

●夢や目標に進めるように●

自尊心を守るために

一番大事な事は

自分を(感情や価値)

高く認めてもらう事。

「そんな事で

いちいち悲しまなくていい」

と、

悲しい感情を軽く見られたり

「なんで言い返さないの?」

行動を責められたりすると、

自分は大事にしてもらえていない

自分は(言い返せない)ダメな人間だ

などと

子供の無意識は感じます。

いじめ

「自分は

大事にされる存在だ」

(価値ある人間だ)

という自信を取り戻してもらえるよう

感情を認めてあげましょう。

 

・・

 

●まとめ●

感情を認める事は

子供の自尊心を守る上で

何より大事な事です。

感情を認め

夢や目標に向かって

進める自信(自尊心)

を、守ってあげましょう。

笑顔こども

 

●セミナー情報●

今週7/20(木)、

いよいよ福井市で講演会です♪

【子供へのコーチング

~自分で考え・行動できる育て方~】

甘やかさずに
親子が心地良く過ごすための
簡単テクニック、ありま~す♪

詳細↓
公益社団法人福井青年会議所さま
イベント詳細
https://goo.gl/WWzTrB

申込み用URL
https://ssl.form-mailer.jp/fms/f07edc1c484453

 

2017.7.20ちらし

 

投稿者: oyapro

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です