勘違いしていませんか?

   

勘違い

していませんか?

親は、自分の勘違いのせいで

子育てを苦しいものにしてしまう事が

多々あります。

画像 泣くママ

どんな勘違いかというと

子供の言動の意味

を、間違って認識してしまう

勘違いです。

誤解して、

苦しくしてしまうんです。

例えば、

「ママ、嫌!」

と、子供に言われた事はありませんか?

 

 

・・・

私は1歳の息子に言われた時

ショックで、

リアルに枕を濡らしました。

自分の、全力投球の子育てを

全否定された気分になったからです。

(当時は本当に

全身全霊をかけて子育てしていた。

肩にも全身にも力入りまくり。)

「なんで??

こんなに毎日大事に

関わっているのに・・・」

しかし、

それは翌日、解決しました。

私の認識が間違っていたと

気付けたからです。

(ありがとう。スター・ペアレンティング)

まず、

小さい子の

「ママ、いや!」

「ママ、きらい!」を

鵜呑みにしてはいけません。

画像 泣く


ママが嫌いだから

そう言ってるわけではないからです。

ママが嫌いだから

そう言ってるわけではないからです。

(大事だから、2回言いました)

なぜ、鵜呑みにしない方がいいか。

なぜなら、

子供は、言葉が未熟だからです。

 

 

例えば、

ブロッコリーの食感が

気に入らないのに

「あ~ん」された。

オムツを履きたくないのに

履かそうとされた。

そんな時、

小さい子供は精一杯の

語彙を使って訴えます。

それが

「ママ、いや!」

・・

 

 

言葉が未熟なので、

代わりに訳してあげましょう。

「ママが嫌」なのではなく、

「ママ、

 僕、今

 それ嫌やねん。」

です。

画像 泣く子

ただ、言葉が未熟なので

はしょられて

「ママ、嫌!」

と、なるだけなんです。

”ママ”

が嫌なのではなく、

その状況

が嫌だから、

ママ”に対して

それを伝えている

だけなんです。

当たり前の事ですが

子供は言葉が未熟

です。

言葉にされれば、

「そりゃそうでしょ」

となりますが、

本当にわかっていますか?

私は、つい

子供の言葉なのに

真に受けてしまいます。

(もちろん、

その後、立ち止まると

気付けます)

 

・・

「S1)立ち止まって問題を見つめる」

ほんと大事!!

大人である親が、

立ち止まって

訳し直してあげましょう。

●まとめ●

「ママ、嫌!」

と言われたり

「ママ、嫌い!」

「ママ、バカ!」

と言われても

怒ったり、悲しむ必要は

ありません。

↑もちろん、

”怒る”のも”悲しむ”のも感情なので

 

怒っても、悲しんでもいいです。

どんな感情も、感じていいからです。

ただ、

いくら悲しんだところで、

怒鳴ったところで、

問題の解決にはなりません。

 

問題を解決したいなら、

(困った事があったなら)

冷静になり、

(「心を落ち着ける方法」など)

問題をよく見つめてみましょう。

それから、

(15のツールを使って)対策を考えます。

どうやったら

親も子も心地よく過ごせるかな?

親が我慢 or 子が我慢

でもいいですが、

どちらもハッピーの方がいいですよね。

立ち止まって、問題を見つめてから

ヒントを使って、

親も子も心地よく過ごせる

解決策を見つけましょう。

●魔法の言葉●

「ママ、嫌!」

と言われた時、

親子ハッピーな時間になる

(&冷静になれる)

魔法の言葉を開発しました。

↑”開発”は大げさ?

だけど、そのおかげで

「ママ、嫌!」と言われても

余裕で対応できるようになりました。

子供も、すぐ言わなくなりましたが

あまりにうまくいく

(親も子もハッピーになる)ので、

 

むしろ、

「言ってみそ!」

って思ってました。

困っている方には

ぜひお伝えしたい!!

長くなるので、それはまた次回♪

 

 - 未分類

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。