逆パワハラ被害者の会

   

●逆パワハラ被害者の会●

パワハラ


今日は、例え話のお話です。

「こんな見方もあるよ」という

冗談の例え話だと思ってご覧下さい。


改めまして、こんにちは!

”逆パワハラ”被害者の会

会長の三國です。

私は、子育てにおいて

子供の言動にママが

怒鳴ったり、逃げ出したい

くらいな気分にさせられる状態を

逆パワハラ

と呼んでいます。

そもそも”パワハラ”とは

どんな意味かと簡単にいうと

パワー(権力)

ハラスメント(暴力・尊厳を傷つける)

職場で地位や人間関係などの優位性を背景に

精神的・身体的苦痛を与える

又は職場環境を悪化させる行為

 

 

世間では

親が、虐待しただのどうだのと

ニュースとなったりしていますが

自分がママになって

子供と過ごしだして4年経ち、


実際は

逆ありき

だという事に気付きました。


”逆パワハラ”がスタートなんです。

(冗談の例え話として続きをご覧下さい)


赤ちゃんの時には

泣いて泣いて

何をしても泣き止まない時があり


大事な我が子が

何を求めているかわからず

おっぱいのあげ方がダメなのかな・・・

おっぱいの質がよくないのかな・・・

私の抱っこじゃダメなのかな・・・

来る日も来る日も

泣かれる事で


自分はママとして力不足ではないか

と不安にさせ自信をなくさせる

・・・精神的苦痛


夜中も寝かせてくれない・・・

ご飯も思った時に食べられない・・・

抱っこによる肩腰の負担、疲れ、

半端ない・・・


最低限の生活を確保されない

・・・身体的苦痛

(↑ちょっと大げさ?)

 


少し大きくなれば

身体的負担は軽減するものの


オムツ替え・着替えの拒否、

抱っこの要求をやめない

いちいち「トイレについて来い」という

 

おしっこたまってるくせに「ない」と言う

宿題できてないのに「やった」と言う

いつまでもゲームをやめない

不満があると大声

「買って!買って!買って!」

「嫌!嫌!嫌~っ!」

こちらの状況おかまいなしに

自分の要求をひつこく連呼する

せっかく作ったご飯を食べない

買ってきたシャツに文句を言う

すぐ風邪ひいちゃう

ママは家でもゆっくり休めない

家事もある

家事増やされる

静かにする場所でも

急に大声出すから

他の人に肩身がせまい


などなど

精神的・肉体的苦痛の

例をあげると、

枚挙に暇がありません。


●逆パワハラの現状に気付く●

否定、批判、不満をぶつける、無視・・・

そんな精神的苦痛を受ける

日々の繰り返し。

これが職場なら

パワハラとして十分訴えられます。

もちろん、

子供には悪意はないですし、

ママを苦しめようと思って

そんな事をしているわけではありません。


ここで言いたいのは、


それくらい

ママには長年

日常的にストレスがかかっている


という事です。


どんなに大事な相手でも

いえ

大事な相手からだからこそ

手をかけてきた相手だからこそ

否定や無視は、とてもつらい

大きなストレスとなります。


子供に怒鳴ってしまったり

優しくなれない時があるなら、

まずその自分の過酷すぎる

現状に気付きましょう。


(もちろん子育てには

リターンも大きいです。


子供の笑顔、喜ぶ顔、

嬉しそうな姿、成長した姿、などなど。)

 


だからといって

「そんなストレスなど

子供と過ごせる喜びに比べれば少ない!」

と、自分の

ストレスに気付かないでいると

対策もとりづらいです。


特に日本では

ママという職業?につくと、

自分の事に時間を使うことに

抵抗を持つ人も多いです。

(子育て文化の影響)


ストレスを

そのままにしていたら

ストレス過多で、壊れてしまいかねません。


体調を崩したり、

小さな事で怒鳴ってしまったり、

子供のかわいさや

日々の喜びが感じられなくなったら・・・

子育ては、ストレスが付き物です。

それは決して子供が大事ではないからではなく

多大な労力のわりに

”自分は尊重されている”

”誰かの役に立っている”と

実感できる事が少ないから

無視される・・・

否定される・・・

自分の好きに使える時間がほぼない・・・

 

 

文字にすると、

けっこうきつくないですか(T_T)

 

自分の大事な人に、尊重してもらえない事ほど

(↑しかも日常的に)

つらく、ストレスになるものはありません。


ストレスで疲れた自分をケアしましょう。


自分をケアする事は、

家族のため、

大事な子供のためでもあります。


家族を大事にしたいなら、

まず自分を大事にしてあげましょう。

大事にしたい時

(大事だという事を伝えたい時)

・ストレスについて学ぶこと

・怒りの伝え方

は、とても役に立ちます。

●まとめ●


イラッとした時、


「これは逆パワハラを

受けているのではないか?」


と、冗談でいいので考えてみましょう。

・・・子供↓     自分↓

パワハラ


もちろん、

ママのストレスの原因は

子育てだけではありません。

 

仕事、人間関係、環境の変化・・・

 

原因が何であれ、

ストレスがあるなら

自分をケアする必要があります。

(子供に矛先が向かないようにも)

ママのストレスの有無を判断するのは簡単です。

かわいい大事な我が子

些細な行動にイラッとしたら

ストレスが溜まっているというサインです。

子供ちゃんを大事にしたいなら

ストレス対策を考えましょう。

●セミナーの告知●

5月のセミナー

「怒らない伝え方講座」

https://www.facebook.com/events/230043114139652

”逆パワハラ”に苦しむママたちへ。


まき&まゆの

ダブル講師でお届けします♪

(アンガーマネジメント&

スター・ペアレンティング)


心理学・脳科学を基にした

怒らないための伝え方や

ストレスケアの方法を学びましょう。

5/16(火)親向けバージョン

5/20(土)親&子供向けバージョン

要予約。お申込はお早めに☆

●子育て無料メール●

子育て無料メールでは

子育てに役立つワークもお伝えしています。

(自分らしい子育てをするために)

登録は以下から。

http://www.reservestock.jp/subscribe/42473

※「逆パワハラ被害者の会」
という団体は、空想上の団体です。

 - 未分類

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。