後悔してもいい!

   

問題解決のための専門家、

子育てコーチの三國 真弓です。

 

 


「後悔してもいい!」

あなたは、”後悔していい”ですか?

私はできれば、あまり後悔したくありません。


だって~

後悔してる時って、

そればかり考えちゃうし~、

そればかり考えて

自分を責めてたら、自己肯定感下がるし~、


後悔したからって、過去は変えられないから

時間も無駄だし~。

「えーーー!

じゃあ、なんで

”後悔してもいい”なんて言うの!?」


と思ったあなた、

ありがとうございます。


今日は
じゃあ、何で

「後悔していい!」と言うか
の大事なお話をしていきます。

子育てに限らず、

人にかけた言葉、後から

「あんな言葉、言わなければ良かった!」

って、思う事ありませんか?

言わない方が良かった・・・

と後悔する事、ありますよね。


後悔・・・事が終わった後に、悔やむ事。

それ、すなわち、後悔なり。

(てか、先に悔やむ事はできません。)

 ・
後悔してもいいんです。

なぜなら、

それは「感情」だから。


感情はある状況において

自然と湧いてくるものです。


勝手に出てきます。

後悔した自分を責めなくていいんですよ(^-^)

 ・
「でも、後悔したくない」

ですよね。

じゃあ、

どうしたらいいと思いますか?(^^)

「後悔なんか、してないぞ!」

「大したことない」


なんて、思い込もうとしても、

消えません。

無理な話です。

”感情は、

押さえ込んでも消えない”

でしたよね。

 ・
「後悔しない方法」は、シンプルです。

厳密には”後悔しない”方法

ではなく、

”後悔する時間を終わらせる”方法

こんな質問を脳に投げかけてあげて下さい。

「じゃあ、(次からは)どうしたらいいかな?」

言った事を謝りたいなら、謝ればいい。

伝えられないなら、伝える方法を探せばいい。

謝る謝らないは別で、

「次からそんな事したくない」

と思うなら、

「じゃあ、次からどうしたらいいんだろう?」

を、考えればいいんです。

何か言われて、言い返してしまったなら

自分がいいと思える別の対応(や言葉)を考える。

例えば

「ママ嫌い!」と子供に言われ

「ママだって嫌い!」

と言ってしまって 後悔しているなら、

次に「ママ嫌い!」と言われたら、

「ママは、○○ちゃんの事、大好き♥」

と言い返そう。

 

子供に限らず、

パパにでも、親にでも、

友人でも上司・部下でも、

自分の対応が嫌だったなら、

「じゃあ、こうしよう」「こう言おう」

 

そう対応したら、自分の心は気持ちいい。納得いく。

と、いう作戦を立ててみましょう(^o^)

後悔から切り替える方法は、

感情を押さえ込む事ではありません。

押さえ込んだ感情は、どこかで出てきてしまいます。


過去ではなく未来について考えること。

もし、「前向きになりたい」と思うなら

策はあります。

どうすれば「前向きになる」か。

実はすごくシンプル。

そのまんま!

前向きになるためには、

過去(後)ではなく、未来(前)を見るです。

 

未来を考えている時、

脳は悔やんでなどいられません。

それも脳の仕組みです(キラリーン)←効果音です

脳の仕組み上、

悔やみながら、策を考える事はできません。

(メルマガ「算数と自責は仲悪し」参照)


何かしてしまったと感じた時は

「私らしくなかったな。」
  +
「じゃあ、どうしたらいいかな。」

 

 

後悔したらいいんです!

後悔とは自分の非を認める事。

自分の非を認めた。

その後どうするかです。

後悔したくない

(後悔時間をさっさと終わらせたい)

なら、

言葉を変えてみましょう。

 

・・

 


<コツ>あります。

コツは、メルマガでお伝えしています(^^)

メルマガ(ほぼ週1回の子育て無料情報)

へのご登録は

http://www.reservestock.jp/subscribe/42473

お名前とアドレスのみで登録できます。

 

または、

oya.process@gmail.com

「メルマガ希望、お名前○○」とご連絡下さい。

 

 

 - 未分類

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。