制服リユースの動き

<きっかけ>

2016年1月頃

幼稚園の制服購入の知らせを見る。

それまで、”一時預かり”で保育園に預けていたのもあり

「なぜ、制服がいるのだ?」と疑問を持つ。

(保育園には制服は無く、教育上の必要性も感じなかった)

しかし、制服なしに通園する事は認められない。

「払いたくないなぁ」と思い、譲ってくれる人がいないか探す。

私は、大阪から嫁いできたので

地元の人間ではない。

交友関係は限られ、

近所の知り合いは、

おばあちゃん(子供は成人)や

子供たちはもう中学生などのお母さん。

ママ友として知り合った人たちは、

みな保育園。

(敦賀市内は保育園が多く、

大半が保育園卒業する)

譲ってもらう事を公にすることに

少し恥ずかしさ(見栄)がありつつも、

必要にかられ、フェイスブックで呼びかける。

 

反応なし。

とうとう、購入の日を迎える。

最後の頼みで、

勇気を振り絞り

全く面識の無いママさんに声をかける。

 

同じ幼稚園に入園予定の知らないママさん

その知り合いのママさん

そのママ友さん

という流れで、たどり着く。

知らない人間のために

他のママさんに声をかけて下さった方、

わざわざ電話までして仲介して下さった方にも、

とても、ありがたくて、温かい気持ちになる。

連絡が取れた(譲って頂けた)ママさんには

「譲る相手もいないんだけど、

捨てるのももったいなくて・・・

受け取ってもらえて良かったです」

というお声まで頂く。

とても、ありがたかったです。

 

<活動開始>

2016年12月

「もうすぐ入園・入学する人たちがいる」と気付く。

「私のように困っている人がいるはず!」

と思い、

『制服リユース』活動を始める。

(ホームページやフェイスブックなどで呼びかける。)

「譲って下さい」のお声は多くあるものの、

譲って下さる方はなかか増えない。

「中学校の制服(体操着)はリユースしてないですか?」

の問い合わせも入る。

小学校の役員をしている方に話を聞く。

続く

投稿者: oyapro

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です