鈍感ではなく、意識の場所を変える。

   

ご相談がありました。そのうちのひとつをご紹介します。

(相談者の許可を得ています。一部抜粋)

>嫌な上司の態度が気になって、思い出すたび、嫌な気分になります。

忘れよう忘れようとするのに、何度も思い出して、自分が嫌になります。

会社に行くのも、日々の生活も億劫です。どうしたら、鈍感力が身につきますか?

忘れようとするのに思い出すと、つらいですよね。

「なんでまた思い出しちゃったんだろう」と、自分が嫌になる気持ちもわかります。

生きていたら、鈍感になりたいような事も、あるかもしれません。

そんな時も、鈍感力は不要です。

「この事に関して鈍感になろう」としても、鈍感になれません。

なぜなら、脳は「この事」にフォーカスしているからです。

「嫌な上司の態度を忘れよう忘れよう」と思っても、忘れられません。

「嫌な態度」にフォーカスが当たっています。

親教育スター・ペアレンティングでも、子供に「否定文を使わない」とあります。

「走らない!」と言われても「走る」にフォーカスするから、

一瞬は我慢できたとしても、子供はまた走ってしまうのです。

これは、子供が悪いのではなく、

して欲しくない行動にフォーカスを与えているのは大人」という事です。

これは、脳の仕組みです。

そして、この脳の仕組みは子供に限りません。

「ラーメンを想像しないで下さい」

想像しちゃいますよね。

「ラーメン」を、意識してから消そうとすると、

どんなに頑張っても、

いや頑張るほど、なかなかそこから頭が離れません。

「ラーメンを想像しない!」

「ラーメンだけは想像しない!」

「みそラーメンも、とんこつラーメンも、しょうゆラーメンも、想像しない!」

頭の中はラーメンだらけです。

じゃあ、どうしたらいいか。

脳に別の刺激を与えればいいのです。

(かまきりの絵を描いてみたり、面白い動画を見たり、人と会話したり、おでかけしてみたり・・・)

ラーメンを思い出したりすることもあると思いますが、

別の事にフォーカスが当たっているうちに、忘れてしまいます。

思い出したら、フォーカスしなおせばいい。

(カマキリの顔の形はどんなだったかを考えなおす等)

目的は、そのことを忘れることではなく、

別の事の重要度を上げることです。

(結果、嫌な事の重要度が下がります。)

重要度が下がればいいのです。

「肩こり」と意識に上げるから、より肩こりがつらく感じます。

何かに夢中の時は、気になりません。(重要度が下がる)

例えば、自分がどんな人間であれば人間関係が良くなるのか、

忘れようとするのではなく、むしろ真っ向から向き合い、

調べてみてもいいかもしれません。

それも、意識の先が変わっています。

(相手の態度ではなく、自分がどうありたいかという意識)

気になることが頭から抜けないなら、

忘れようとするのではなく、別のものを見つめましょう。

その時に、使えるのが行動です。

趣味をしたり、外に出たり、読書、今までした事ない事をしてみたり、

新しい刺激が新しい興味を連れてきてくれます。

過去に意識を向けても、過去も現在も変わりません。

ありたい姿、ありたい未来に、意識を向けて、

そこに向かい行動をしましょう。

もちろん、職場を辞めるという選択もありです。

あなたにとって心地良い場所を探してみてもいいと思います。

行きたくなる職場、会いたい人のいる職場で働きたくないですか。

仕事を辞める事は逃げではありません。

人によっては、仕事を続ける事が、逃げなのかもしれません。

(自分の変化(新しい職場へチャレンジすること)からの逃げ)

生まれたところで、咲き続ける必要はありません。

咲きたい場所を見つけましょう。咲きたい場所で咲きましょう。

 - 未分類

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。